名古屋で受けるラミネートベニアのメリット・デメリット

ラミネートベニアとは生まれつきの問題であったり生活習慣などにより、歯が茶色や黒色といったように変色してしまったような場合にその変色してしまった色を白くして見た目的にキレイにしたり、歯の形を変えるというようなことが可能な治療法です。
名古屋にある多くの歯科での治療法としては大まかには歯の表面を薄く削り、その上からセラミックのシェルを貼り付けるというようなものです。

名古屋でこのラミネートベニアの手術を受けるメリットとしては、歯が白くなったり歯の形を変えることができるのはもちろんのこと、短ければ2回の治療で済んだりと治療にかかる期間が短いので忙しくても気軽に受けることができたりします。
また治療を受けたあとにまた色が変色してくるということがなく、半永久的に白さを保つことができます。

さらにこの治療では歯を削るといっても、表面のごく薄い部分だけなので削る量も少なくて済み、その分後々リスクを減らすことができます。
ただデメリットとしては治療費が高めで、セラミックのシェルが壊れやすいことから上の前歯など装着できる部位も限定されたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です